meg merryの本棚から(12)

読書の秋には、想いのこもったラブレターをとっておきの本に添えて贈りましょう! 

気になる本があったら、ぜひぜひ贈りものに、または2人でシェアして楽しんでいただきたいです♡

そんな、ラブレター専門店「meg merry」からのご提案をブログ連載しています。

今日の本はオランダ文学「ハリネズミの願い」です。日本語訳で読みました。

森の中にひとりぼっちで暮らすハリネズミ。

森に暮らす動物たちに、自分の家へ遊びに来てほしいと思い、手紙を書こうとしますが

いろんないろんなネガティブな妄想にとらわれます。


- - - - - - - - - - - -


誰かを家に招きたいし、友達がほしいけれど

ああでもないこうでもないと繰り返す妄想で、物語の大半が占められます。

「えっ そんなに悩む? なんで? 」

とにかくはじめは、ハリネズミの圧倒的妄想力にとまどってしまいます。

だけど次第に「そんなことないよ、きっと大丈夫だよ」、と

やさしく声をかけてあげたい気持ちが不思議と芽生えます。


とにかくハリネズミに優しくしてあげたい。

本を読み進めている途中は、仕事中や家事の最中に、ハリネズミの顔が浮かんでしまいました。

表紙のイラストのように、きっと今も、ひとりぼっちで心細そうに

きっとこちらを見つめているのではないだろうか……

(妄想の中で)家をめちゃくちゃにされたハリネズミ、

(妄想の中で)体のハリを抜かれてしまったハリネズミ…

今頃もっとひどい目にあって(いる妄想)はしていないだろうか? 

思わず心配になってしまうのでした。


- - - - - - - - - - - -


児童書らしい文体で紡がれる物語。

わたしは普段、児童書を読むことがないです。

優しく、こどもに語りかけるような文体がとても新鮮。

だからこのような「優しくしたい」気持ちを呼び起こしたのでしょうか。

むずかしくない表現で綴られる物語は、

ゆっくりゆっくり、大切に読書時間を過ごしたい日にぴったりです。

読書の秋にもよいですが、もっと寒くなった冬に、

あったかいものを飲みながら、お気に入りのブランケットにくるまって…

、というシチュエーションもおすすめです。


- - - - - - - - - - - -


ハリネズミがこんなに、やや乱暴なくらいにネガティブな考えに囚われるのは

きっと本当は誰よりやさしい心を持っているから。

やさしい人、かしこい人は、いろんな想像ができます。

自分がなにをされたら嫌か知っている人は、

どうしたら相手がうれしくなってくれるか、考えることができます。


ハリネズミのやさしさを思うと同時に、

自分の心の奥の「やさしくしたい気持ち」と向き合ってみてはいかがでしょうか。


- - - - - - - - - - - -


素直な気持ちは、お手紙に添えて贈りましょう!

「ハリネズミの願い」のようなやさしい物語に添えるのは「活版印刷のホワイトレター」。

厚みがあり丈夫だけど、ふんわり繊細な印象も同居した不思議な白い紙に、

白いインクで活版印刷を施しています。

ぜひぜひ、素直な想いを書き込んで、大切な方へ贈ってください♡


こちらのアイテムは、10月3日(火)から公開の「minne 秋の新作デイズ」で掲載されます!

そちらもご覧いただけるとうれしいです♡

meg merry

ハンドメイドのラブレター専門店「meg merry」のポータルサイトです。 吉祥寺の小さなアパートから「想いが伝わる、ラブレターのための紙もの雑貨」をお届けします。 ラブレターを受け取った相手に長く大事にしてもらえるような、 シンプルで可愛すぎないアイテムをめざしています。 「ラブレター専門店」として、素敵な時間・素敵な思い出のお手伝いができるよう努めてまいります。

0コメント

  • 1000 / 1000