meg merryの本棚から(4)表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬/若林正恭

読書の秋には、想いのこもったラブレターをとっておきの本に添えて贈りましょう!

気になる本があったら、ぜひぜひ贈りものに、または2人でシェアして楽しんでいただきたいです♡

そんな、ラブレター専門店「meg merry」からのご提案をブログ連載しています。

今回の本は「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」です。

オードリーの若林正恭さんによる、キューバへの旅行記です。今年の話題書ですね。


- - - - - -


オードリーの若林さんといえば、漫才コンビとしてはもちろん

バラエティ番組の司会でもおなじみで、

アメトーークでは読書好き芸人・ゴルフ好き芸人としても紹介されています。

人見知り芸人は卒業…!


- - - - - -


わたし自身は4年くらい毎週オードリーのラジオを聴いているので、

テレビやラジオを通してですが若林さんのお仕事は身近で、

暮らしの中に自然にあるものとして感じていました。

しかし「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」で語られる、

人生観や自由についての考え方、家族との関係を読んでいると、

「よく知っていると思っていた人が全然思ってもいなかったことを突然話し出したとき」のような…

当たり前のことのはずですが、

「人それぞれみんな違うことを考えてるんだな」と実感させられる瞬間のような、

不思議な感覚がありました。本当に、とっても勝手な気持ちなんですが、

相手が全然違うことを知らない間に考えていたときの、不思議な気持ち。


- - - - - -


キューバという遠く離れた地で若林さんが体験したこと、考えたこと。

若林さんの語られていることについてはもちろん、

ひとひとり、自分ではない誰かの密かな考えに思いを馳せてみるのが、秋の夜長にいいかもしれません。


- - - - - -


自分じゃない誰かの密かな考え。ほんとにほんとに、当たり前なんですけどね。

だからこそ、素直に気持ちを伝えるって大事なんですよね。


- - - - - -


もしもこの本を大切な人に贈ったとして、たとえば相手の「自由についての考え方」がガラリと変わっちゃったりして…!

責任を負うことはできないのですが(笑)、おすすめです。

今日は若林さんのような、読書好きの人に贈りたい「活版印刷のホワイトレター」を添えて。

いろんな小説ジャンルを、いろんなフォントでデザインしています♪活版印刷の風合いをお楽しみください!

meg merry

ハンドメイドのラブレター専門店「meg merry」のポータルサイトです。 吉祥寺の小さなアパートから「想いが伝わる、ラブレターのための紙もの雑貨」をお届けします。 ラブレターを受け取った相手に長く大事にしてもらえるような、 シンプルで可愛すぎないアイテムをめざしています。 「ラブレター専門店」として、素敵な時間・素敵な思い出のお手伝いができるよう努めてまいります。

0コメント

  • 1000 / 1000