meg merryの本棚から(0)


読書の秋だから、本にラブレターを添えて贈りたい! 

ラブレター専門店「meg merry」は、昨日「読書の秋に贈りたいメッセージカード」を販売開始しました。

それに合わせて、この秋ラブレターを添えて贈りたい本を何冊か、

meg merryの本棚からピックアップさせていただきます!

回数は未定ですが、この秋できる限り続けてまいりますので、

本好きの方もそうでない方もお付き合い頂けますとうれしいです♡


その前に本日は「読書の秋とラブレター」について、meg merryの考え方をお話させてください。


◇なぜ、本にラブレターを添えて贈りたいの?

本を贈りたいというよりも、

本にまつわる時間を共有したいので、わたしはプレゼントに本を選ぶことが多いです。

・相手の趣味に合わせて、星の数ほどある本の中から、贈りたい本を選ぶ「わたしの時間」

・わたしが贈った本を、仕事の合間やリラックスできるタイミングで読んでくれる「相手の時間」

・贈った本の感想を話し合うことで、お互いの考え方に新しい発見や、好きな部分を再確認できる「ふたりの時間」

すべてのものには、ひとつひとつにストーリーがあるものですが、

本を贈るということは、それよりももっと濃密にわかりやすく、コミュニケーションができると思います。


◇どんな本が贈りものに合ってるの?

相手の好みに合った内容がもちろんいいのですが、

200ページ程度の文庫本が一番いいと思っています。

持ち運びやすく、贈った相手も気軽に読むことができるサイズだと思います。

区切りをつけて読みやすい短編集もおすすめです♡

内容やサイズ、ページ数の他にも、

表紙のデザインや、出版社ごとに微妙に違う紙質にも注目したいです!

本の好みがいまいちわからない相手には、表紙のデザインを参考に、

好きになってくれそうな本を選ぶのがいいと思います。


ラブレター専門店と銘打っていますが、恋人や旦那さん、好きな人へはもちろん、

この秋はお世話になった方や、もっと仲良くなりたい相手へも、本の贈りものをしてみるのもいいですね♪

夏が短かった分、秋をたくさん楽しみたいですね。


ぜひ、明日から「meg merryの本棚」をお楽しみに♡


minneで販売中です!


instagramもフォローお願いします♡

meg merry

ハンドメイドのラブレター専門店「meg merry」のポータルサイトです。 吉祥寺の小さなアパートから「想いが伝わる、ラブレターのための紙もの雑貨」をお届けします。 ラブレターを受け取った相手に長く大事にしてもらえるような、 シンプルで可愛すぎないアイテムをめざしています。 「ラブレター専門店」として、素敵な時間・素敵な思い出のお手伝いができるよう努めてまいります。

0コメント

  • 1000 / 1000