【アイテム紹介】手作り封筒って、キレイに仕上がってるの?



こんにちは、meg merryのyuukiです。

今日はお盆休み最終日ということで、本を読んだり、ランチもしっかり手作りしたり、

minneに新アイテムを追加したり、次に作りたいアイテムのことを考えて過ごしています。


今日のブログでは、meg merryの「ミニラブレターセット」の封筒についてご紹介させていただきたいと思います。

上記の2つの「ミニラブレターセット」は、2つ折りのカードと、トレーシングペーパーを使用した封筒のセットです。

印刷は印刷所でお願いしているのですが、封筒の裁断&組み立ては手作業です。


「手作業で作った封筒って、キレイなの?」

「ラブレターのための封筒が、ずれたりまがってたりしたらイヤだな…」


私だったらそう思ってしまうはず…ですので、今日は、封筒の制作の様子をご紹介します。


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

道具です。上から金属の定規、OLFAの丈夫なカッター、スパチュラ、テープのりです。下に敷いているのがカッターマットです。

カッターは大きくて、トレーシングペーパーを切るのには大げさな気がしますが、

一度でキレイにスパッ!と、確実にカットするために大きめのカッターを使用します。

スパチュラは、キレイな折り目をつけるための道具です。あまり聞きなれない道具ですよね。

文具売り場でもなかなか見つけられず、プラモデル専門店で入手しました。プラモデルの作業工程ではよく使われるそうです。

テープのりは、ドット状のテープが主流のようですが、

トレーシングペーパーを貼り合わせるためのものですので、ドットが透けてはちょっと不恰好です。

ですので、なるべく薄い、ドットではなく一本のテープになっているものを選んでいます。 


印刷所では、ワンポイントのデザインと、外側の線のみ印刷してもらいました。

折りたたんだときに線が見えると不恰好ですので、外側の線のみ印刷しています。


外側の線の、ちょっとだけ内側をカットします。

印刷した線が封筒本体に残ってしまうのを防いでいます。


キレイに切れた状態です。ワンポイントのデザインのみが残りました。


一番目立つ部分も、この通りキレイです。


続いて、スパチュラを使用して折り目を作っていきます。

くびれ?とくびれをつなぎ合わせるイメージで、表も裏も、定規でキレイに折り目を作ります。


折り目をキレイにつけた状態です。


丁寧に折ります。手作業です。

折り目よりも、ちょっとだけ内側に引っ張るようなイメージで折るとキレイに仕上がります。


一度折ったあとに、テープのりを貼っていきます。紙のキワに、まっすぐ貼ります。


テープのりを使用して貼り合わせ、封筒が完成しました!


メッセージカード本体を入れると、このような仕上がりです。

トレーシングペーパーの封筒ですので、中のカードが透けて見えます。

封筒に、なにか好きな文字を書き込んでいただいても、オリジナリティが出て素敵だと思います。


さらに、meg merryのロゴのステッカーを取り出し…


カード本体と封筒を、ぴったりサイズのOPP袋に入れ、

ステッカーを貼ったら完成! こちらの状態でお届けします。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+


いかがでしょうか? ラブレターを書くのにふさわしい封筒かも、と思っていただけましたら幸いです。


ぜひぜひお手にとっていただきたいです!

プレゼントに添えたり、何気ないメッセージを手書きで伝えたり…

ラブレターを書くときも渡すときも…素敵な時間のお手伝いができたら嬉しいです。

ご来店をお待ちしています!


minneのギャラリーはこちら♡

meg merry

ハンドメイドのラブレター専門店「meg merry」のポータルサイトです。 吉祥寺の小さなアパートから「想いが伝わる、ラブレターのための紙もの雑貨」をお届けします。 ラブレターを受け取った相手に長く大事にしてもらえるような、 シンプルで可愛すぎないアイテムをめざしています。 「ラブレター専門店」として、素敵な時間・素敵な思い出のお手伝いができるよう努めてまいります。

0コメント

  • 1000 / 1000